読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

旅ー駅

駅を訪ねて33 JR西日本 城端線 東石黒駅

列車を1本遅らせて城端で曳山祭を見てしまったので、一駅降り損ねてしまいました。今回の旅の目的の一つはJR城端線の全駅に乗り降りすることだったのですが、このまま一駅の為にもう一回来るのはどうかなと思ったので、福光駅で待ち時間が長かったので、一…

駅を訪ねて32 JR西日本 城端線 福光駅

城端から列車で福光駅まで来ました。 行き違いのできる駅で、古い時代に使われていたと思われる駅名標もありました。 駅に降りて、記念に入場券と乗車券を購入しますが、若い駅員はやる気のないようで態度はよくありません。そこを低姿勢でお願いして購入し…

駅を訪ねて31 JR西日本 城端線 越中山田駅

城端駅を出た列車の次の駅は越中山田駅です。 ホーム一面、線路一線の無人駅です。小さいな がらも待合室とトイレがありました。 驚いたことにトイレの財産表の日付は昭和28年、駅開業から2年目のものでした。 待合室には時刻表、 運賃表、 そして、最近…

駅を訪ねて30 JR西日本 城端線 城端駅

砺波のチューリップフェアを見てから、城端線乗り降りの旅に出ます。まずは終点城端駅へ。 城端線の列車は様々なデザインの列車があって、面白いですね。 車窓は田植えの準備が始まっているようです。 城端駅に到着。城端線の他の駅にもありましたが、古い駅…

駅を訪ねて29 JR西日本 城端線 砺波駅

GWの終わり、チューリップフェアを見に富山県の城端線砺波駅に降り立ちました。行き違いの列車はハットリくん塗装でした。駅にはチューリップフェアの幕が出ていました。改札を出ます。駅スタンプがありました。ここは子会社への委託駅のようですが、みどり…

駅を訪ねて28 JR東日本 青梅線 二俣尾駅

宮ノ平駅から電車に乗り、3駅目が二俣尾駅です。ここも行き違いのできる駅です。ここで青梅行きの列車と行き違いのため、奥多摩行きの列車は少し停車します。 ここの駅名標はJRのものでした。 この駅は橋の上に改札口があります。ものの本によると、時間帯…

駅を訪ねて27 JR東日本 青梅線 宮ノ平駅

先日、花見に誘われて青梅市に行ってきました。その途中に駅にいくつか寄ったので、紹介したいと思います。まずは宮の平駅から。 自動券売機と待合室、待合室の裏にトイレがついているシンプルな建物でした。昭和46年に無人化されたとのことで、駅舎がなくな…

駅を訪ねて26-5 JR東日本 信越本線 二本木駅⑤

待合室に入ると、ストーブがついていて暖かいです。 この駅は時間帯によっては駅員がいるそうで、駅スタンプもありました。 この運賃表の地図もあと少しの命ですね。 待合室にはスイッチバックの運転方法が書いてありました。これはファンには嬉しいですね。…

駅を訪ねて26-4 JR東日本 信越本線 二本木駅④

乗って来た長野行きの115系の列車も発車すると、駅は静寂につつまれました。 駅を観察してみます。 線路には積雪防止のため、スプリンクラーで水をまいています。水は地下水だそうで、地下水は雪よりも暖かいのだそうです。もっともこれができるのは気温も…

駅を訪ねて26-3 JR東日本 信越本線 二本木駅③

後から入って来た長野方面からの直江津行の列車が先に出ます。 直江津行の列車が一旦長野方面に向かい、左側の線路の引き込み線に入ります。右側が長野方面の本線路です。 そして、左側の引き込み線から写真左側の直江津方面の本線に入っていきました。 ち…

駅を訪ねて26-2 JR東日本 信越本線 二本木駅②

ホームの先端で待っていると、雪がちらつく中、長野方面から115系の各駅停車が入ってきました。 新しい第三セクター、えちごトキめき鉄道では新型車両が入るとのことなので、ひょっとすると、この115系の風景も見れなくなる光景かもしれません。 私個人的に…

駅を訪ねて26-1 JR東日本 信越本線 二本木駅①

列車は二本木駅へ到着しました。この二本木駅は日本でも少ないスイッチバックの駅の一つです。かつては隣の関山駅もスイッチバック駅でしたが、全部の旅客列車が電車になった1985年に無くなりました。この二本木駅も無くなってもおかしくなかったのですが、…

駅を訪ねて25 JR東日本 信越本線 南高田駅

「妙高」号から降り立ったのは南高田駅。 雪の降りしきる中、降りたのは私一人。 列車が出ていくと、残されたのは私一人。雪の積もったホームには足跡一つついていません。私一人ですが、周りは住宅街でさびしいというわけではありません。 駅名票はJRの…

駅を訪ねて23-2 JR東日本 信越本線 長野駅のあれこれ

長野駅に戻ってきました。長野駅もリニューアル工事が行われていました。時間があったので、あれこれ撮ってみました。 ちょうど名古屋行きの特急「しなの」が発車するので、撮影していたら、長野終着の「しなの」やってきました。 時刻表を見ると、ほとんど…

駅を訪ねて23 長野新幹線終点の長野駅

長野まで乗ったあさま号は新型のE7系でした。終点の長野駅で先頭車を見に行きます。 シャープな印象と高級感ある色合いは美しいですね。ちょうど隣のホームにE2系が入ってきました。長野新幹線用にも作られたE2系から北陸新幹線用に作られたE7系へのバ…

駅を訪ねて22-下 ある日のJR大宮駅にて(下)

階段を上がると、橋上通路は混んでいました。通路の向かい側は最近はやりの駅ナカの店が並んでいます。 これから旅に出るので、駅弁を買っていると、ふとこんな表示が。 現在、時刻は10時。ちょうど30分遅れで列車が入る頃でしょうか?4番線の向かいのホ…

駅を訪ねて22ー上 ある日のJR大宮駅にて(上)

今月、旅の途中に大宮駅へとやってきました。湘南新宿ラインから降り立つと遠くに見慣れぬ列車が。よく見ると、房総特急に使われる255系電車でした。 大宮駅の北側は古く国鉄の大宮工場の流れをくむJR東日本の大宮総合車両センターなので、車両の検査で…

駅を訪ねて21 JR九州 門司港駅21-1

折尾から、門司港駅へやってきました。 門司港駅舎の夜景外観です。 歴史のある駅は味がありますなあ。 門司港駅は何度も訪れているので、また別の機会にも紹介します。

駅を訪ねて20-7 JR九州 折尾駅7

駅舎へ入り、高架下で絵を発見!昔の折尾駅でしょうか? 鹿児島本線の上りホームへ戻ってきました。 大分行きのソニックが入ってきました。 この駅では珍しく駅弁の立ち売りをやっています。 立ち売りのおじさんに話しかけて、写真を撮らせてもらいました。 …

駅を訪ねて20-6 JR九州 折尾駅6

駅舎の入り口には駅構内の地図があります。 良く見てみると、駅本体とは別に、鷹見口という別の線があることに気づきました。 駅舎から歩いて数分のところに、その鷹見口はありました。 その入り口 ここが折尾駅の6,7番線です。 こちらは逆側駅舎方向。 …

駅を訪ねて20-5 JR九州 折尾駅5

駅舎の中は歴史を感じるものでした。 キオスクの代わりに駅弁「かしわめし」の東筑軒の売店がはいっているのが変わり種ですが、柱や天井は歴史を感じさせます。 天井 入口付近の造りも味があります。 自動改札や電光行先盤などもありますが、駅舎の重厚感に…

駅を訪ねて20-4 JR九州 折尾駅4

駅前に出ます。やはり駅舎は味のある古い駅舎でした。 この駅舎、右側の鹿児島本線側は2階建て。左側の筑豊本線側は1階建ての左右非対称な駅舎です。 駅舎上部には動輪のマークが。 この駅舎は1916年にできたもので、1895年開業当初の駅舎をベース…

駅を訪ねて20-3 JR九州 折尾駅3

1階は筑豊本線のホームです。筑豊本線は若松から折尾を通って鹿児島本線の原田までですが、桂川~折尾の真ん中部分のみ電化されています。かつては筑豊の石炭を八幡製鉄所や若松港から全国へ船で運ばれていたとのことで、ローカル輸送のみになった今でも若…

駅を訪ねて20② JR九州 折尾駅②

折尾駅は古い駅舎が残っている駅らしく、あちらこちらに古いものが残っています。 1階へ降りて行く階段にはレンガ積みの壁が残っていました。 1階へ降り立つと、鹿児島本線の下の部分がレンガになっています。 レンガの通路の上部 しっかり作っていますな…

駅を訪ねて20① JR九州 折尾駅①

「きらめき」で折尾駅に降り立ったのは夕刻でした。 ここ折尾駅は日本初の立体交差駅と言われ、ちょうど開業120周年をむかえる直前に訪問しました。また大正5年に完成した駅舎が再開発工事の影響で壊されるかもとのことで、壊される前に一度見てみたいと…

駅を訪ねて17⑥ JR九州 鳥栖駅⑥

だいぶ変わってきている鳥栖駅ですが、かつての鉄道ジャンクションであった古い時代の名残を感じさせるものがいろいろとあります。 改札口に続く長い通路。この出口の看板は国鉄時代の物ですね。 駅舎へ続く屋根は木造でした。時代を感じます。 ホームの端ま…

駅を訪ねて17⑤ JR九州 鳥栖駅⑤

昨日の夜、閉まっていた立ち食いそば屋が開いていました。 うどん、そばがメインだと思ったのですが、どうも弁当がメインに見えますね。 ここ鳥栖駅は「焼麦」(しゃおまい)と呼ばれるシューマイが有名だそうです。 お隣のKIOSKも古き良き、いい感じの店…

駅を訪ねて17④ JR九州 鳥栖駅④

博多行きの「リレーつばめ」号が入ってきました。 「リレーつばめ」号も、2011年3月のダイヤ改正で廃止になり、この787系も他の列車に使われるので、表示が変わっていました。 以前はこんな感じでした。 10両をこえる長い編成も無くなるんでしょう…

駅を訪ねて17③ JR九州 鳥栖駅③

鳥栖で1泊し、旅行3日目。 朝方の鳥栖駅舎です。明治44年に国有化される前の九州鉄道時代に造られた古い駅舎です。平均乗降人数は1日6000人余りと多くはないので、改札あたりはこじんまりしていますが、他のスペースにはパン屋などが入っていて、駅…

駅を訪ねて17② JR九州 鳥栖駅②

鳥栖駅は九州の鉄道の中でも最も古い駅の一つに数えられる駅の一つです。駅構内にもその名残がいくつかあります。 ホーム屋根に使われているレールは1896年(明治29年)製のドイツクルップ社製の物です。 鳥栖駅開業が明治22年ですから、開業後すぐ位…

駅を訪ねて17① JR九州 鳥栖駅①

原田駅から813系の準快速に乗って鳥栖駅へやってきました。 今日はここ鳥栖で1泊です。また今回の旅では、この鳥栖駅が訪問ポイントの一つです。鳥栖駅は地方都市の駅ながら、博多~熊本、博多~佐賀、長崎、佐世保方面の特急の分岐点として、また熊本方…

駅を訪ねて16 JR九州 原田駅

下関から筑豊本線経由でJR九州の原田駅まで来ました。原田駅は10年くらい前に九州最後の50系客車に乗りに来て以来です。筑豊本線の桂川~原田はローカル線化していて、通称原田線と呼ばれていました。 駅舎は1999年に改築されたそうで、以前とは一…

駅を訪ねて15 JR西日本 下関駅

学校帰りの学生を数多く乗せて、105系電車は下関駅に着きました。 かつては沢山の長距離列車が発着していました下関駅も東京~九州を結ぶブルートレインが無くなった今、発着する優等列車は無くなりましたが、まだ駅ホームは、長く、古い時代の面影を残し…

駅を訪ねて14 JR西日本 新下関駅

100系こだまで降り立った新下関駅は、国鉄色ぷんぷんする駅でした。JR西日本の山陽新幹線の小さな駅に共通する気がしますが、1975年の開業当時から、ほとんど手を入れていないのかなと思うくらいです。 たとえば、向かいのホームの銀色の箱、荷物用…

駅を訪ねて13 JR西日本 新山口駅

山口駅から、まだ広島色の残るキハ40系の気動車に乗り、新山口駅へ来ました。 新山口駅は2003年までは小郡駅でした。私にとっては小郡駅の方がなじみがあります。ここはSLやまぐち号の始発駅でもあります。SL用に作られたであろう昔の駅名票があり…

駅を訪ねて12② JR西日本 山口駅②

古き良き駅の感じが残る山口駅です。 SL「やまぐち号」の運行に合わせてでしょうか。古い感じの駅名標もあります。 わたしの旅スタンプ台もまだ現役ですね。 駅前です。静かな駅でした。 山口の町散策に出かけました。長州藩の藩庁の門です。 新山口駅へ向…

駅を訪ねて12① JR西日本 山口駅①

山口県の県庁所在地の駅である山口駅は交通の要所ではないので、静かな駅でした。山陽本線の要所である新山口駅との間に頻繁に列車が走っています。 JR西日本の車両は現在経費節減のため、単色化が進んでいますが、ここではまだ広島色と言われる黄色と白の…

駅を訪ねて11 JR西日本 安来駅

米子駅を出て、一つ目の安来駅にやってきました。 降りてすぐ目立ったのは、これ。 2010年のNHKの朝ドラで放送されていたのでした。安来は「ゲゲゲの女房」の奥さんの出身地とのことです。 安来はまた安来節で有名な土地でもあり、駅舎内に人形が飾っ…

駅を訪ねて10③ JR西日本 米子駅③

米子駅には、昔の国鉄時代の名残が多くあります。 たとえば表示とか。 この色や文字は国鉄時代のままですね。その下の九州新幹線全通のポスターとの対比が面白いです。 かつては沢山走っていた、大阪、京都方面の列車も、大阪へは「サンライズ出雲」のみ、京…

駅を訪ねて10 ② JR西日本 米子駅②

米子駅は山陰でも、もっとも古い駅の一つだそうです。駅前には「山陰鉄道発祥の地」の碑が立っています。 今でも米子は山陰の鉄道の要所の一つです。 ここで駅弁購入。有名な吾左衛門寿司の入った「吾左衛門弁当」です。 中味はこんな感じ (続く)

駅を訪ねて10 ① JR西日本 米子駅①

ここ米子駅は水木しげるの鬼太郎列車の発着する駅でもあります。 列車のつく境線ホームへ行くと、鬼太郎ワールドですね。 列車はねずみ男列車でした。 平日の朝ラッシュ後らしく、人がまばらな駅でした。もっとも、このあたりの人は通勤に電車は使わないのか…

駅を訪ねて9 野岩鉄道 湯西川温泉駅

中三依温泉駅から乗った浅草行きの乗客は0でした。 浅草行きなので、このまま帰りたいところですが、もう一駅降ります。 降りた駅は湯西川温泉駅。この駅は知る人ぞ知るトンネル駅なのでした。 列車が出発したのでホーム探検です。こちらは浅草側 こちらは会…

駅を訪ねて8 野岩鉄道 中三依温泉駅

会津荒海から乗った列車は新栃木行きでした。 会津高原尾瀬口に着くと、はっぴを着た人たちが乗ってきて景品を配っていました。 聞けば、野岩鉄道の人たちで乗っていただいてありがとう。また乗ってくださいというキャンペーンでした。お米とキャンディとパ…

駅を訪ねて7 会津鉄道 会津荒海駅

会津田島行きの列車から会津荒海駅へ降りたのは私一人。 会津荒海駅は駅舎がありました。 後で聞けば、以前は農協の支所が入っていたそうですが、今は閉鎖されて無人駅です。 時刻表、結構本数があります。 運賃表、郡山まで2740円、浅草まで2840円。距離的…

駅を訪ねて6 会津鉄道 会津山村道場駅

昭和12年より山村の農業伝習施設として使われている会津山村道場への最寄りの駅として平成13年に開業した駅です。もちろん無人駅です。 会津高原尾瀬口よりバスで来ました。駅前から歩いて駅に入ります。 待合室が駅前にあります。 ホームへあがる階段は誰も…

駅を訪ねて5 会津鉄道 湯野上温泉駅

「AIZUマウントエクスプレス」から降りたのはわたし一人でした。 春ならば桜がきれいらしいのですが、今は12月。降るのは雪ばかりです。 駅名標です。 駅構内、会津若松よりです。 会津田島よりです。 駅舎は日本で唯一茅葺き屋根の駅舎と言われていて風情が…

駅を訪ねて4 会津鉄道 会津田島駅

浅草からの電車の終着駅がここ会津田島駅です。 バス停留所や物産館などの様々な機能を持つ駅として機能しています。2002年には東北の駅100選にも選ばれたそうです。外観 全部をとらえると、こんな感じ 駅前には田島郵便局があります。 駅構内には車両基地が…

駅を訪ねて3 野岩鉄道 男鹿高原駅

会津高原尾瀬口駅から一駅戻り、野岩鉄道男鹿高原駅へ降り立ちました。ここは栃木県の一番北の駅になります。降りたのは私一人。列車はすぐに出て行きました。 列車が出ると、私以外誰もいなくなりました。早速、階段を上がり駅を出ます。この駅は改札が無く…

駅を訪ねて2 野岩鉄道、会津鉄道 会津高原尾瀬口駅

2010年の冬に会津へ出かけました。目的は温泉と会津鉄道、野岩鉄道乗り歩きです。 降り立ったのは会津高原尾瀬口駅。浅草から東武快速で3時間かかりましたが、乗り換えなしでこられました。 関東平野は晴れていたのに、鬼怒川線に入ってから雪が降り始…

駅を訪ねて1 東武鉄道浅草駅

東京から日光、会津へ行くのに安くいく方法の一つに東武線から会津へ行く方法があります。2010年の冬出かけることにしました。 朝6時の浅草駅。冬の6時はまだ暗いですね。 普段は乗らない浅草駅。 乗る列車は6時20分発の快速33列車「東武日光・会…