読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

北海道の廃線を歩く22~旧国鉄湧網線 能取駅~

2007年夏に北海道を旅しました。その時に昔走っていた鉄道の跡を随所で見ることができました。その跡を紹介していきます。今回は旧国鉄湧網線の跡巡りです。

 旧国鉄湧網線は北海道東部の都市、網走から名寄本線の中湧別までをむすぶ89,8キロのローカル線でした。主にサロマ湖沿いを通り、日本で上位に入る美しい車窓を誇るローカル線でした。国鉄の分割民営化直前の昭和62年(1987年)3月20日に残念ながら廃止になってしまいました。そのあとをたどりました。

能取駅は中湧別から駅としては11つ目、国鉄時代は駅としては認知されていなかった仮乗降場を入れると20つ目の駅でした。

行ってみると、こんな感じでした。

かろうじてホームの跡がわかる荒れっぷりです。

廃線直後は中名寄駅 にあったような駅舎とホーム、客車があったとのことですが、駅舎はほどなくして撤去され客車とホームがあったそうですが、老朽化で2006年に撤去されてしまったそうです。芭露駅もそうらしいですが、国道から奥まったところにあったために、立ち寄る人が少なかったそうです。

ホーム跡にたち、周りを見渡してため息をつきました。昔の写真を見ると、観光客が乗り降りし、生活の中心でもあった駅が、このような姿になっていくのは本当にさびしいことです。

旅の好奇心