読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

駅を訪ねて35 えちこトキめき鉄道 日本海ひすいライン 梶屋敷駅

 

 泊駅から乗った列車は夕暮れの日本海を見ながら、走ります。

f:id:furu0962:20160529123540j:plain

 

 降りたのは糸魚川の一つ先、梶屋敷駅です。

f:id:furu0962:20160529123601j:plain

 

駅舎は木造の古い駅舎が残っていました。

f:id:furu0962:20160529123626j:plain

 

駅前には糸魚川信用組合の支店もあり、住宅街がひろがっています。糸魚川の市街地がこの辺りまで広がっているようです。

 

入口にはポストもあり、右から書かれた駅名も時代を感じます。開設は大正元年とのことで古い駅ですが、無人化されたのも昭和45年とだいぶ前です。

f:id:furu0962:20160529123642j:plain

 

駅舎内も改装されていましたが、誰もいないのがさみしいところです。

f:id:furu0962:20160529123659j:plain

 

運賃表は富山から、同じ会社である妙高高原まで乗っていました。

f:id:furu0962:20160529123727j:plain

 

待合室にはトイレもあり、また走り始めたばかりの観光列車「雪月花」のポスターも貼ってありました。

f:id:furu0962:20160529123756j:plain

 

 

ここで折り返して、泊行きを待ちます。

f:id:furu0962:20160529123810j:plain

 

この駅は中線のある2面3線の駅でしたが、中線は今、線路が途切れていて使えないそうです。そうこうしているうちに泊行きの気動車がやってきました。

f:id:furu0962:20160529123831j:plain