読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

駅を訪ねて36 富山地方鉄道 立山線 立山駅

 

 

 立山黒部アルペンルートに行くため、地鉄富山駅から列車に乗って、立山駅にやってきました。

f:id:furu0962:20160603183016j:plain

 

立山駅はアルペンルート乗り換えに作られたような構造になっていて、地下部分に立山線の駅があります。

f:id:furu0962:20160603183022j:plain

 

折り返しの富山駅行きの列車が出発すると、1時間ほど列車は来ないので、閑散とします。

f:id:furu0962:20160603183113j:plain

 

この駅では昔、大阪などからの直通列車があった名残か東京、大阪などへの切符が購入できます。

f:id:furu0962:20160603183124j:plain

 

これから使う新高岡までの切符を購入しました。

f:id:furu0962:20160603183137j:plain

 

手書きの軟券でしたが、日付の元号が昭和になっているのは驚きです。もっと驚いたのは裏面でした。

f:id:furu0962:20160603183206j:plain

 

説明の文章に「国鉄線」の文字があるのでした。少なくとも30年近く、この切符は使われているようです。

f:id:furu0962:20160603183233j:plain

 

 

 

富山地方鉄道改札から階段を上がると、コンコースになっていて、土産物屋や待合室、食堂などがあります。その奥が美女平行きの立山ケーブルカーの改札口です。

f:id:furu0962:20160603183249j:plain

 

駅前に出ると、山小屋風の駅舎がありました。

f:id:furu0962:20160603183302j:plain

 

ケーブルカーで美女平まで上がります。

f:id:furu0962:20160603183322j:plain

 

昭和の感じを残す古めかしさがよいですね。