読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

更新お休みのお知らせ。

更新できない状況が続いております。

 

大変申し訳ありません。もうしばらくの間、更新できない状況が

続く予定です。またお時間あるときにでものぞきに来ていただけると

ありがたいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

更新お休みのお知らせ

多忙のため、本日の更新お休みさせてください。

 

申し訳ありません。

駅を訪ねて36 富山地方鉄道 立山線 立山駅

 

 

 立山黒部アルペンルートに行くため、地鉄富山駅から列車に乗って、立山駅にやってきました。

f:id:furu0962:20160603183016j:plain

 

立山駅はアルペンルート乗り換えに作られたような構造になっていて、地下部分に立山線の駅があります。

f:id:furu0962:20160603183022j:plain

 

折り返しの富山駅行きの列車が出発すると、1時間ほど列車は来ないので、閑散とします。

f:id:furu0962:20160603183113j:plain

 

この駅では昔、大阪などからの直通列車があった名残か東京、大阪などへの切符が購入できます。

f:id:furu0962:20160603183124j:plain

 

これから使う新高岡までの切符を購入しました。

f:id:furu0962:20160603183137j:plain

 

手書きの軟券でしたが、日付の元号が昭和になっているのは驚きです。もっと驚いたのは裏面でした。

f:id:furu0962:20160603183206j:plain

 

説明の文章に「国鉄線」の文字があるのでした。少なくとも30年近く、この切符は使われているようです。

f:id:furu0962:20160603183233j:plain

 

 

 

富山地方鉄道改札から階段を上がると、コンコースになっていて、土産物屋や待合室、食堂などがあります。その奥が美女平行きの立山ケーブルカーの改札口です。

f:id:furu0962:20160603183249j:plain

 

駅前に出ると、山小屋風の駅舎がありました。

f:id:furu0962:20160603183302j:plain

 

ケーブルカーで美女平まで上がります。

f:id:furu0962:20160603183322j:plain

 

昭和の感じを残す古めかしさがよいですね。

 

 

駅を訪ねて35 えちこトキめき鉄道 日本海ひすいライン 梶屋敷駅

 

 泊駅から乗った列車は夕暮れの日本海を見ながら、走ります。

f:id:furu0962:20160529123540j:plain

 

 降りたのは糸魚川の一つ先、梶屋敷駅です。

f:id:furu0962:20160529123601j:plain

 

駅舎は木造の古い駅舎が残っていました。

f:id:furu0962:20160529123626j:plain

 

駅前には糸魚川信用組合の支店もあり、住宅街がひろがっています。糸魚川の市街地がこの辺りまで広がっているようです。

 

入口にはポストもあり、右から書かれた駅名も時代を感じます。開設は大正元年とのことで古い駅ですが、無人化されたのも昭和45年とだいぶ前です。

f:id:furu0962:20160529123642j:plain

 

駅舎内も改装されていましたが、誰もいないのがさみしいところです。

f:id:furu0962:20160529123659j:plain

 

運賃表は富山から、同じ会社である妙高高原まで乗っていました。

f:id:furu0962:20160529123727j:plain

 

待合室にはトイレもあり、また走り始めたばかりの観光列車「雪月花」のポスターも貼ってありました。

f:id:furu0962:20160529123756j:plain

 

 

ここで折り返して、泊行きを待ちます。

f:id:furu0962:20160529123810j:plain

 

この駅は中線のある2面3線の駅でしたが、中線は今、線路が途切れていて使えないそうです。そうこうしているうちに泊行きの気動車がやってきました。

f:id:furu0962:20160529123831j:plain

駅を訪ねて34 あいの風とやま鉄道 泊駅

 高岡駅からあいの風とやま鉄道の列車に乗って、泊駅まで来ました。

f:id:furu0962:20160529110021j:plain

 

あいの風富山鉄道線は二つ先の市振駅まで続きますが、ほとんどの列車はこの泊駅で折り返します。ここからは直江津駅から来るえちごトキめき鉄道気動車に乗り換えます。乗り換えがしやすいように、到着した2番線には同じホームで乗り換えられるようになってます。看板もありました。

f:id:furu0962:20160529110348j:plain

 

JR西日本北陸本線から転換して初めて乗ります。駅には青春18きっぷでは乗れないポスターが貼っていました。

f:id:furu0962:20160529111052j:plain

 

泊駅は有人駅で切符が購入できました。

f:id:furu0962:20160529111203j:plain

 

f:id:furu0962:20160529111232j:plain

 

自動券売機もありました。

f:id:furu0962:20160529111300j:plain

 

運賃表を見てみると、富山地方鉄道の駅までも購入できるようです。

f:id:furu0962:20160529111316j:plain

 

時刻表を見ると、ここから列車本数がほぼ半減します。ここからの先は乗客の数が激減するのでしょうね。もう県境だからでしょうか?

f:id:furu0962:20160529111339j:plain

 

直江津からえちごトキめき鉄道気動車がやってきました。

f:id:furu0962:20160529111355j:plain

 

直江津行に乗り込みます。

f:id:furu0962:20160529111408j:plain

 

以前は特急も停まった駅ですが、今は寂しくなった感じがしますね。

更新お休みのお知らせ

多忙のため、本日の更新お休みさせてください。

 

申し訳ありません。

駅を訪ねて33 JR西日本 城端線 東石黒駅

 

 列車を1本遅らせて城端で曳山祭を見てしまったので、一駅降り損ねてしまいました。今回の旅の目的の一つはJR城端線の全駅に乗り降りすることだったのですが、このまま一駅の為にもう一回来るのはどうかなと思ったので、福光駅で待ち時間が長かったので、一計を案じて、駅前のタクシーに乗り込みました。

 

事情を話したタクシーの運転手さんにちょっと呆れられながら、隣の東石黒駅まで乗せてもらいました。福光駅から線路長で2.7キロ、料金は1320円でした。

 f:id:furu0962:20160521223204j:plain

 

東石黒駅は無人駅で開業したのは昭和26年。越中山田駅、東野尻駅とともに開業した駅でした。当時から無人駅だったそうです。

 

f:id:furu0962:20160521223236j:plain

 

城端線の駅には駅舎が無い場合でも待合室とトイレが必ずありますね。

f:id:furu0962:20160521223252j:plain

 

トイレの財産標には昭和28年でした。

f:id:furu0962:20160521223321j:plain

 

駅の近くでは田植えが行われていました。

f:id:furu0962:20160521223335j:plain

 

駐輪場もありましたが、ここには福光駅のような愛称は付いていませんでしたね。

f:id:furu0962:20160521223350j:plain

 

福光駅で行き違う城端行きが来ました。国鉄色でしたね。

f:id:furu0962:20160521223408j:plain

 

城端線の車両は国鉄色だけでなく、様々な塗装の列車が走っているのですが、高岡行きの列車は塗装車でした。

f:id:furu0962:20160521223422j:plain