鉄旅の好奇心

主に鉄道を中心とした乗り物の旅行ブログです。時にはマニアックな記事も書くかもしれません。しばらくは訪れた駅の記事を書いていきます。

神岡鉄道KM-100形気動車~たびきっぷで飛騨、美濃乗り歩きの旅10~

 

 久しぶりの更新になりました。前の記事はこちら

 

f:id:furu0962:20180601200027j:plain

 停車にしていた気動車の車内に入ってみます。神岡鉄道の車両は2両のみで、その2両とも車庫に保存されているそうで、そのうちの1両「おくひだ1号」が今回復活運行されるとのこと。

 

f:id:furu0962:20180601200051j:plain

車内にはボックスシートが並んでいますが、車両の端には囲炉裏を模したスペースがありました。実際に火が燃えているわけではなく、イベント時にはテーブルがセットできたそうです。

f:id:furu0962:20180601200111j:plain

 

f:id:furu0962:20180601200146j:plain

ボックスシートはJRの気動車と同じタイプですね。製造が昭和59年だそうで、JRというより、国鉄形といったほうが良いかもしれません。

 

f:id:furu0962:20180601200207j:plain

運転席は左右の片側にではなく、ど真ん中にありました。タブレットが置いてあるのが懐かしさを感じさせます。

 

f:id:furu0962:20180601200229j:plain

運転席の後ろに貼ってあった注意書き。神岡鉄道は昭和41年にできた路線で「奥飛騨の地下鉄」といわれるほど、トンネルが多かったそうでフラッシュをたかれるとトンネル区間では特に見えにくくなったのかもしれません。

 

f:id:furu0962:20180601200247j:plain

別の注意書き。この絵と文字が何となく時代を感じさせます。

 

車外に出てみます。

f:id:furu0962:20180601200313j:plain



 

f:id:furu0962:20180601200333j:plain

神岡鉄道の車両は2両のみで、いずれも開業当時に新潟鉄工所で製作されたものだそうです。

 

f:id:furu0962:20180601200456j:plain

行先標も懐かしさを感じさせますね。

 

 

そろそろ乗車時間が迫ってきました。

f:id:furu0962:20180601200514j:plain

 

 

11へ続く

駅を訪ねて40 JR東海 御殿場線 相模金子駅

 下曽我駅からワンマン列車で相模金子駅へ。

f:id:furu0962:20170618200322j:plain

運転士に切符を渡して降ります。

f:id:furu0962:20170618200343j:plain

相模金子駅は昭和31年にできた御殿場線では比較的新しい駅です。

f:id:furu0962:20170618200408j:plain

待合室と雨除けの屋根があるだけの駅でした。

f:id:furu0962:20170618200422j:plain

駅名板は屋根に書いていました。

f:id:furu0962:20170618200444j:plain

駅は築堤上にできている駅で、駅前には住宅街と公園が広がっていました。
地元の人たちの手入れも行き届いています。

f:id:furu0962:20170618200500j:plain

駅前の道路も車が頻繁に行きかいます。

f:id:furu0962:20170618200511j:plain

次の列車まで時間があるので、歩いて松田駅まで向かいました。

駅を訪ねて39 JR東海 御殿場線 下曽我駅

 国府津側に1駅戻って、下曽我駅で降ります。

f:id:furu0962:20170618195953j:plain

ホーム端の柱にはこんなものが。

f:id:furu0962:20170618200008j:plain

見る人はあまりいなさそうです。

 

 

階段を下りて、改札に向かいます。

f:id:furu0962:20170618200027j:plain


この駅は有人駅でした。窓口もあります。入場券を記念に購入しました。

f:id:furu0962:20170618200041j:plain

駅スタンプもありました。

f:id:furu0962:20170618200054j:plain

駅前も風情がありました。

f:id:furu0962:20170618200110j:plain

屋根の上にはこの辺りで有名な梅の絵が。なかなか凝っています。

f:id:furu0962:20170618200128j:plain

素敵な駅でしたが、どうも駅員の態度が良くありません。何をするにも面倒くさそうに
やっていました。昭和の終わりから平成の初めころの駅員はこういう人は多くいましたが、最近珍しい人でした。

 

国府津で折り返してきた列車にのります。

 

駅を訪ねて38 JR東海 御殿場線 上大井駅

 国府津駅で乗り換えて、御殿場線に乗ります。二つ目の上大井駅で降りました。

f:id:furu0962:20170618195534j:plain

上大井駅は行き違いのできる2面2線の駅でした。

f:id:furu0962:20170618195554j:plain

20年以上前に無人化されましたが、古い駅舎が残っています。

f:id:furu0962:20170618195626j:plain


資産標を見ると昭和23年。駅開業当初からの建物でした。
f:id:furu0962:20170618195645j:plain

地元の住民からの請願だったそうで、駅前には開設50周年の記念碑が立っていました。

f:id:furu0962:20170618195710j:plain

 

この駅は別名「ひょうたん駅」とも呼ばれています。

f:id:furu0962:20170618195724j:plain

駅とホームの間にはひょうたんが植えられています。

f:id:furu0962:20170618195740j:plain

f:id:furu0962:20170618195745j:plain

 

もともとは西日を避けるために駅員がひょうたんを改札口付近に植えたらしいのですが、全国版の時刻表の表紙を飾るなど、有名のなったこともあり、無人化後も地元の人が引き継いで植えているそうです。

 

もともと地元の大井町がひょうたんの町のようで、看板もたっていました。

f:id:furu0962:20170618195814j:plain


国府津行の列車が来たので乗りました。

f:id:furu0962:20170618195828j:plain

駅を訪ねて37 JR東日本 東海道本線 根府川駅

6月のある日、小田原方面に出かけたついでにいくつか駅を訪ねてきました。
まずは東海道線根府川駅へ。雨の降る日でした。

f:id:furu0962:20170618183701j:plain

 

東海道線の駅では珍しく無人駅でした。改札がないです。

f:id:furu0962:20170618183727j:plain

駅舎は木造できれいなデザインですね。
f:id:furu0962:20170618183746j:plain

1時間に2、3本列車が走っていて、ここから高崎、宇都宮まで行く列車があります。

f:id:furu0962:20170618183827j:plain

駅舎からホームへは1段差があるので、駅舎からはそのまま跨線橋に入り、階段でホームに降ります。

f:id:furu0962:20170618183848j:plain

f:id:furu0962:20170618183900j:plain

熱海行きの列車が出ていきました。

f:id:furu0962:20170618183925j:plain

ホームにはこんな表示が。面白いですね。

 

f:id:furu0962:20170618184028j:plain

熱海方面には白糸川橋梁があり、以前は鉄道写真の撮影ポイントでした。今は柵ができて、不向きになりましたが。

f:id:furu0962:20170618184108j:plain

東京方面の列車がやってきました。乗り込みます。

f:id:furu0962:20170618184140j:plain

f:id:furu0962:20170618184145j:plain